福岡・東京を拠点にホームページ制作・Webコンサルティングをいたします|株式会社ミニヨン

 
NEWS

BLOGミニヨンの日々を更新しています

ノマドワーカーを体験してきました!

The following two tabs change content below.
ふくむら

ふくむら

5月からミニヨンの社員になりました!一人前のデザイナーになるため勉強中です。津軽三味線と、ギターをちょっと弾きます。趣味は食べること、飲むこと、歌うこと、ねること。自然が好きです。

「えっ、もう木曜日・・・」
朝から時の流れの速さに引いてしまったふくむらです。一週間なんてあっという間だろうなぁとは思っていましたが、ここまでとは・・・(体感3日くらい)

前回のブログは読んでいただけましたか?
件の十三湖はシジミが有名なんだそうです。天草でもシジミはよく食べていましたが、やっぱり寒い地方とは味も違うんじゃないかと思っていますが、どうなんでしょう。名産だそうですから濃厚なんだろうなぁ。あぁ、寒さの沁みる青森で、津軽訛りのおばちゃんが作ったシジミの味噌汁を吸いたい(おじちゃんでも可)!

と、今日はそんな食いしんぼなふくむらが、もし青森へ行っても仕事ができるかも?な働き方、ノマドワーカーについてです。

ノマドワーカーってなに?

ここ数年で一気に広まった働き方ですが、ノマドとはもともと『遊牧民』という意味なのだそうですね。遊牧民のように特定の場所に限定せず、色んな場所で仕事する人をノマドワーカーというそうです。webやITのお仕事はそれこそ世界のどこにいたってできる仕事なのですね。今更ながら、すごい時代だなぁと思います。
というわけで、今日はミニヨン全員ノマドワーカー!向かった先は天神のコワーキングスペース『the company』です。

内装も凝っていて、気の利いたおしゃれなソファやデスクが並びます。見ず知らずの方も多数利用している場なので写真はナシですが、オフィスというよりだだっ広いおしゃれなカフェ、という感じがしました。飲み物もセルフサービスで用意してあるのが嬉しいですね。

↑イメージ図です
ここでそれぞれに作業をして、今日のタスクを進めます。

実際使ってみて

いつものオフィスとは広さも雰囲気も違うので、煮詰まったときの気分転換にいいかもという感じでした。副社長は周りの人の声に集中できなかったとのことで、人によるとは思いますが・・・でもやっぱり、私は猫たちもいる今のオフィスがいいにゃ〜。癒やされる〜。

ノマドワーク、いいかも!

普段もミニヨンではたまに、リモートワークといって自宅で仕事をする日があります。PCと通信環境さえあればどこでも仕事ができるというのはすごく魅力的だし、通勤しなくていいというのは実際すごくありがたいです!そのかわり本格的にノマドワークをやると私生活と仕事のオンオフがつけづらいというデメリットもあるそうですが。
私もいずれは青森でシジミの味噌汁を吸いつつ、お仕事しているかも・・・笑
というわけで、今回は最先端の働き方『ノマドワーク』をしてみたよレポでした。

おまけ〜今日のミニヨン〜

シェアオフィスへ行く前に、お寿司屋さんへ。
『魚べい(うおべい)』というハイテク寿司屋さんでした。眼の前のタブレットでお寿司を注文すると、3段のレーンで自分専用のお寿司カーがお寿司を運んできてくれます。衝撃的ッ!!

私&ゆうかちゃんの2ショットをマネージャーが撮ってくれていました。パイナップルに喜ぶふたり。

お寿司屋さんもどんどんシステマチックになっていきますね。そのうち、自分のテーブルからシャッと飛び出てくるスタイルになるんじゃないか?とか、全自動の寿司ロボが主流になるよね、とか、かっぱ寿司は本当にかっぱが作ってたのか?とかお寿司話で盛り上がったミニヨンでした。

明日の担当は社長です、どうぞお楽しみに!

↑社長がくれたアルフォート。
ふくむらでした!