福岡・東京を拠点にホームページ制作・Webコンサルティングをいたします|株式会社ミニヨン

 
NEWS

BLOGミニヨンの日々を更新しています

        

ウェブデザイナーが、福岡 #ライター交流会 vol.4に参加して感じたこと・思ったこと

こんにちは。ミニヨンのマネージャー山下です!

2019年10月21日、福岡でライター交流会が開催されました。

私自身はライターや編集者ではないのですが、弊社の太一くん(@taichi_akasaka)が主催に携わっているということもあり、お手伝いをさせていただきました!

今回は運営のお手伝いを通して感じたことや、実際にライター交流会に参加して思ったことを綴りました。

イベント運営は想像以上に大変!

イベントの企画・運営は、準備や設営などやることがたくさんあって大変だろうな……と、思っていました。

実際にお手伝いさせてもらうと、想像を超えたハードさ!! ほんの数時間のはずなのに、どっと疲れました。

イベントまでの準備期間を含め、当日の朝から晩まで準備・打ち合わせ・設営・片付けなど、運営に関わった方々には頭が上がりません。

一緒に受付係を担当してくださった山下さん、いろいろサポートしていただきありがとうございました!(←山下コンビで並んでいました笑)

イベント中は登壇された有限会社ノオトのみなさんのお話を聞きつつ、その様子を写真で撮ったりしていました。

ミニヨンでイベントを運営する際は、今回の経験を生かしていきます!

 

ライター・編集者だけでなく、あらゆる分野の方にもタメになる話ばかり!

ライター交流会では、毎回テーマごとにトークセッションが行われており質疑応答もできます。今回はこの9つのトークテーマでした! 各テーマごとに有限会社ノオトのみなさんが思いおもいに語られていました。

「編集者がライターに求めていること、どんなライターが生き残っていくのか……」などなど、ライターではない私もついつい前のめりで聞き入っていました。

その中でも、とくに質疑応答で私が「タメになったこと・気づいたこと」をいくつか紹介したいと思います。

 

Q. 編集者からみてお願いしやすいライターとは?

①報連相がきちんとできる
→ 当たり前のことだけど大事なこと。特に最初の頃はしつこいぐらい連絡してほしい。

②レスが早い
→  返事がないのが1番困る。返事が返せない時はその旨を伝えてほしい。

③締め切りを守れる
→ これも当たり前だけど大事。守れない人に次もお願いしようとは思わない。

④一緒に考えて記事を作ってくれる
→ 一方的なやりとりだけでなく、一緒にいいものを作ろうとしてくれる人は好印象。

これってライター・編集者だけでなく、働くすべての人に当てはまるはず。
全部大事なことだけど、結構できていなかったりするんですよね。私も気をつけます!

 

 

Q. 専門分野以外のお仕事の依頼を受けるにはどうすればいい?

①取材力&リサーチ力が大事
→ ライターは書けるだけじゃなく、インタビュー力もないと厳しい時代。逆に書くだけのライター仕事も増えているということですよね。

②ブログで専門分野以外のジャンルを発信
→ ポートフォリオにやってみたいジャンルを記載しておくといい◎ ブログで発信していれば、編集者は実績を見ることができて依頼しやすくなる。

 

これはweb制作会社に勤める私にとってもタメになる情報でした。

クライアントとのディレクションは、取材&インタビュー次第で制作物の出来具合が80%決まるといわれています。 ライターはもちろん、web業界においても取材力は必須ですね!

また弊社ではここ最近社内ブログの発信に力をいれています。太一くんがミニヨンに入ってからブログ記事の添削もしてもらってますし、何よりライターさんとの繋がりが増えました! これを機に、いろんなジャンルからのお仕事依頼が増えることを期待します笑

 

Q. ライターさんのTwitterみますか? アカウントは仕事と趣味用で分けた方がいい?

めちゃくちゃ見てますよ!! 気になる方のツイートは結構さかのぼって見たりもします。アカウントを分けるかは、自分が書きたいと思う記事がSNSで拡散したいものかそうでないかにもよりますよね。趣味関係のお仕事がほしいなら分けなくても◎

私もTwitterは仕事と趣味で分けているので、これは参考にさせていただきます。仕事と趣味を同じアカウントにすれば、お仕事への繋がりが生まれるキッカケになるかもしれません!逆に趣味を仕事に持ち込みたくないという方は分けた方がよさそうですね。

 

あらためて感じたこと・思ったこと

実は、以前から興味のあったライター交流会に参加できて素直に嬉しかったです! さらにこんなにもたくさんのライター・編集者の方に囲まれるのは初めてだったので、とても貴重な時間を過ごせました。

普段聞くことのできないライター・編集者それぞれの思いを聞けて勉強になりました。

フリーのライターさんは、1人で作業することが多いと思うので、ライター交流会のようなイベントがあると情報交換もできますし、インプットのいい機会になりますね!

イベント運営の大変さも肌で感じることができましたので、今後に活かしていきたいと思います!

 

The following two tabs change content below.
山下 優華
セブ島IT留学を経てTwitter採用という粋な形で2018年、ミニヨンに入社。 webに関することはもちろん、とにかく物怖じせず何ごともまずはやってみる!をモットーにしている。コーダー・デザイン・ディレクター・ライターなどさまざまな役割を担っており、現在マネージャーとして日々奮闘しています。ちなみに社内では”ゴリラ”と呼ばれています。 好きなものは、旅行・バスケ・音楽・カラオケ・SNS・ブログ。 欅坂46の平手友梨奈を激烈に推しています!!